通信制高校の生徒は年齢も見た目も様々

通信制高校と全日制高校で大きく違ったのが年齢の幅でした。
年齢差が少ない全日制に対して、通信制高校に通う生徒の年齢はバラバラ。もっとも、見た目からすると多くは10~20代のようでした。

先生だと思ったおじさんが生徒側の机に座っていたり、娘が結婚するのよ~なんて話をしていたお母さんも生徒。
年配者を見ると、この人は先生かな?生徒かな?と迷いました。

最初に話しかけてくれたのは女の子。
おしゃれでカジュアル。雑誌のスナップに載っていそう。5歳以上年上かと思ったら同い年。とても大人びていました。
この学校では場違いな雰囲気でした。薄暗いものが見えなかったのです。
彼女はやがてスクーリングで見かけなくなりました。バイトに夢中になったと後に聞きました。

他には、中学時代にいじめられていた人、家庭事情が複雑な人、それに絡む形で精神を病んでいる人、見た目が尖った人、やたら周囲にケンカを売ってくる人、垢抜けた人、チャラい人、もさい人……などなど。
この高校は私服通学でしたが、中には学生の制服を着て登校する人もいました。

多くの人は互いに関わらないようにしている風に見えました。誰かと積極的に関わろうとする人は珍しかったです。
毎週スクーリングに通ううち、出席が続いている人がだんだん分かるようになり、ポツポツと話すようになりました。
強いられず、自然な流れで話せるのが自分にとっていい塩梅でした。