プロフィール

はじめまして、トモヒロシです。
5歳くらいから生きにくさを感じ、今なお息苦しく生きています。
生き辛いなりに生きて行く方法をメモするブログです。

幼少期〜学生時代

保育園へ登園するのが憂鬱で仕方なかった。楽しかったことを思い出すのが難しい。10歳過ぎまで人間関係に悩まされる。
12歳前後はあらゆる物事が好転し、人生の華を味わう。
小学校から中学校はなんとかやり過ごしたものの、高校入学とともについに爆発して完全に不登校に。休学して通信制高校に転入し、卒業後は大学に進学。
資金的余裕がないにも関わらず大学へ進学したため、奨学金という名の借金を背負うことになる。

社会に出てから

大学卒業後は縁あって中小企業の正社員に。この時は3の倍数分働いたら一回休もうと考えていた(例:3ヶ月→6ヶ月→12ヶ月…)。
3の倍数をクリアした後は退職。心身を整える術を身につけておらず休養したかったことや、その他細々した要因が重なった。
以降は生活環境の変化もあり、在宅の仕事や外勤のアルバイトなどを転々しながら暮らす。

「普通」の人に憧れるけれどズレるし遠い

戸籍上で大人になるにつれ、お金が必要になるけれど収入を得るにはどうしたらいいのやら?
成人してから発達障害を疑い検査を受ける。病名がつけるメリットがないと告げられ診断はありませんが、ADHDや自閉症スペクトラムの困りごとに頷くのはしばしば。
アダルトチルドレン(AC)にも当てはまるなど一筋縄にはいかない。
困りごとやその解決方法は、発達障害、HSP関連の書籍にヒントを見つけている。

死ぬのは怖い

「世間」との感覚はズレているし生きるのはしんどい。しかし死の過程を探ると、自分にとっては死は怖いものでしかありませんでした。
ならば今は生きるしかない。でもなるべくなら心は穏やかでありたい。
先人に倣いながらなんとか生きています。